国際ブランド

クレカの「国際ブランド」とは何か

国際ブランドの5大ブランド

 

クレジットカードブランドの違い

クレジットカードのブランドには、世界に流通している「国際ブランド」と呼ばれるものがあり、日本で発行されているクレジットカードの大半に、この国際ブランドが付いています。

5大国際ブランドとは?

主要国際ブランドとして、VISA(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、American Express(アメリカンエキスプレス)、Diners Club(ダイナースクラブ)、そして唯一日本発のJCB(ジェーシービー)を加えて、5大ブランドとされます。

中でもVISAとMastercardが世界で大きなシェアを占めています。

NILSON REPORT (2018年4月)によると世界におけるシェアは、
1位 Visa:50%
2位 Mastercard:26%
3位 UnionPay(銀聯):20%
4位 Amex:3%
5位 JCB:1%
6位 DinersClub/DISCOVER:1%

また、近頃急速ににシェアを伸ばしている銀聯(ぎんれん)カードと、新たに注目を浴びているディスカバーカードなども、国際ブランドのカードです。

この2つを加えると世界7大ブランドといいうことになります。

国際ブランド付きのクレジットカードは、世界中にある全ての該当加盟店で利用できます。特に、ビジネスや観光などで海外に行く機会が多い方は、国際ブランド付きのクレジットカードを1枚持っているだけで、文字どおり世界が広がります。また、買い物や食事などの支払いだけでなく、クレジットカード優待で割引や特典を受けられたり、付帯保険で補償が適応されたりといったサービスを受けられます。

国際ブランドのタイプの違い

国際ブランドは、大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは決済機能の利便性にこだわった「決済カードブランド」と呼ばれるもの。
VISAやMastercard、JCBが該当します。

もう1つは、旅先やエンターテインメント関連での利用時のサポートを厚くした「T&Eカード(トラベル&エンターテイメントカード)」。
American Express、Diners Clubが該当します。

では、世界7大ブランドについて簡単に説明しましょう。

VISA

VISAは1958年、バンク・オブ・アメリカにより創業されました。世界で約13億人のクレジットカード会員と2,400万以上の加盟店を持つ世界No.1の国際ブランドです。クレジットカードを初めて作る場合はVISAを選ぶと良いでしょう。
VISAはクレジットカードを世界中で利用できるように決済システムを整備している「決済機構」であり、独自のクレジットカードは発行していません。VISAからライセンスを得た各提携会社が、クレジットカードを発行しています。Apple Payのオンライン決済には非対応。

Mastercard

VISAに次ぐ世界No.2の国際ブランド。VISAと同様に決済面で使いやすく、日本国内ではVISAの使用範囲とあまり差がありません。ただ、VISAはアメリカに、Mastercardはヨーロッパに強い、といわれています。
Mastercardも決済機構であり、ライセンス権利を受けた提携会社がクレジットカードを発行しています。日本ではクレジットカードに加えてプリペイドカードも発行されているが、デビットカードはない。Apple Payのオンライン決済に対応。

JCB

日本で生まれた国際ブランド。世界の総発行枚数はVISAの5%程度とはいえ、日本国内の加盟店数は1位。決済カードとしてはもちろん、空港宅配優待サービスや優待ガイドなど各種付帯サービスもあ充実しています。スポンサーとなっている東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、こども向け職業体験型テーマパークのキッザニアへの抽選招待企画も毎年開催。
海外旅行における日本人向けのサポートも充実しており、世界約60か所に設置された海外サービス窓口の「JCBプラザ ラウンジ」と「JCBプラザ」も利用可能です。また、海外では「JCB」または「Cirrus」マークの付いたATMであれば、現地通貨のキャッシングもできます。Apple Payのオンライン決済に対応。

American Express

「AMEX(アメックス)」と呼ばれ、ステータスが高いブランドとして世界中で知られています。年会費が高めですが、一流ホテル・レストランなどの優待や空港ラウンジの利用など提供サービスの質が高く、特に富裕層に支持されています。また、JCBと提携(加盟店相互開放)しており、JCBカードの加盟店ならアメックス会員もほぼ使えます(JCBと直接の加盟店契約をしていないお店では、使用できない場合があります)。Apple Payのオンライン決済に対応

Diners Club

世界で最初に誕生したクレジットカードであり、アメックスと同様ステータスの高い国際ブランド。利用金額の限度が比較的高いことで知られます。グルメや旅行、エンタメシーンなどで利用できる優待サービスが充実しており、会員限定イベントも多く開催されています。カードは自社(日本では三井住友トラストクラブが運営)でのみ発行。日本国内ではJCB加盟店でも一部を除き利用可能で、日本と中国を除く地域ではディスカバーとも提携しています。海外での現地通貨キャッシングは、米国内では「Pulse」のロゴがあるATM、米国以外では「ダイナースクラブ」のロゴがあるATMで利用できます。Apple Pay自体に非対応。

銀聯(ぎんれん)カード

英語表記では「UnionPay(ユニオンペイ)」。中国中央銀行主導で作られた国際ブランド。中国国内では銀聯のみ対応の店舗もあるほど。訪日中国人の増加に合わせて日本国内でも加盟店が急増。そのため日本の百貨店や家電量販店などでは、銀聯ユーザー(中国人)のために割引を設けている場合もあります。
中国銀聯発表によると、2015年の第1四半期での銀聯カードの取扱高は約1兆9,000億ドル。VISAの1兆7,500億ドルを追い抜いており、クレジットカードの累計発行枚数はナント50億枚以上。今、最も成長率の高いクレジットカードブランドです。
日本では三井住友カード、三菱UFJニコスなどが発行。しかし、日本で発行された銀聯カードでは、海外ATMでの現地通貨のキャッシングは利用不可。

【Trip.com】銀聯カード

ディスカバーカード

アメリカのディスカバー・フィナンシャル・サービスが展開しているクレジットカード。アメリカを中心に約5,000万人の会員を抱えており、加盟店は北アメリカ・中央アメリカ・東南アジアなどに拡大。が、日本国内でディスカバーカードを発行しているクレジットカード会社はなく、発行を希望する場合はアメリカなど海外で申請しなければなりません。ただし、JCBおよび銀聯カードと提携しているため、JCBカード会員はアメリカなどでも、ディスカバーカード加盟店でJCBカードを利用できます(一部加盟店ではJCBカードを取り扱っていません)。