クレカ・ニュース

「Apple Card」(アップルカード)、今夏に米国で開始! 独自のチタンカード、キャッシュバックとは?

Apple Cardが今夏に始まることを伝えるApple社の公式サイト。カードはチタン製だ。

 

イシュアーはゴールドマン・サックス、国際ブランドはマスター

米Appleは(2019年)3月25日(現地時間)、「Apple Card」(アップルカード)を、今夏に米国で開始すると発表した。

イシュアー(※)はゴールドマン・サックス、国際ブランドはマスターカード。

バーチャルカードとして同社の「Apple Pay」から支払いができるほか、チタン製の物理カードも発行する。

発行手数料や年会費など、全ての手数料は無料。

Apple公式サイトより

支払い当日に次のようなキャッシュバックが受けられる。

・Apple Pay経由の支払いであれば2%
・物理カードによる支払いであれば1%
・「Apple Music」などAppleからの購入であれば3%

本人認証は、「Face ID」または「Touch ID」で。

※イシュアー(Issuer)は、クレジットカード業界の中で、自社カードや提携カードなどの発行を行う、カード発行会社のことをいいます。

Apple公式サイトより

 

スポンサーリンク

プライバシーを重視する姿勢をさらに強めるApple

Apple Payを使えば、店員にカード番号やセキュリティーコードが記載されたカードが見られない。

つまり、ユーザーの目の届かないところでカードをスキミングされたり、カード番号やセキュリティーコードが書き留められるといった不正を防ぐことが出来る。

iPhoneにはパスワードの他、顔認証や指紋認証などの生体認証機能が搭載されており、決済時にこれらを用いることでなりすましも防ぐ。

決済金額が、決済と同時に自分のスマホに表示されるので、金額の改変による不正請求にも気付く。

また、リアルの物理的アップルカードの券面には、名前以外のカード番号やセキュリティーコードなどが印字されていない。

バーチャルもリアルも安全だということ。

またアップルは購買履歴情報を保存しない。

カード発行銀行であるゴールドマンサックスは購買履歴情報をマーケティング分析目的で第三者に販売しない。

企業側のデータ再利用も防ぐことをウリとしているのだ。

アップルは2019年に入って顧客のプライバシーを重視する姿勢をさらに強めている。

物理的チタンカード発行は無料

物理的チタンカードの発行には一切の費用がかからない。

盗まれたり落としたりした際場合の再発行も無料だ。

また、盗難時のカード停止の操作はアプリから出来る。

 

 

買いたいものをお探しなら