簡単に決済を行える「Apple Pay」のメリットとは? おトクなカードとは? カード登録方法は?

iPhoneにクレジットカードを登録し、簡単に決済を行えるApple Pay

それを使うにあたって、誰にでも利便性が高くポイントも貯まりやすい、おトクなクレジットカードとは?

スマホ決済がおトクな理由とは?

「スマホ決済」がおトクな理由

  1. 現金での決済より支払いの時間が短縮
  2. 会計金額に合わせてポイントが貯まる
  3. 財布を持ち歩かなくて良い

 

目次
スポンサーリンク


「Apple Pay」のメリット

スマホ決済の中でもiPhoneやApple Watchに対応した「Apple Pay」は、操作性の良さなど使いやすさはバツグン。

メリット

  1. Suicaに対応していることで交通機関やコンビニなど利便性が高い
  2. iPhone紛失時に止めやすいセキュリティの高さ

Apple Payは事前にクレジットカードを登録する必要がありますが、クレカによっておトク度が違います。

そこで、Apple Payユーザーが登録すべきおトク度の高いクレカを調べてみると、ビューカードの「ビュー・スイカ」がおすすめという結果に。

Suicaチャージでポイント3倍!利便性が高い「ビュー・スイカ」

汎用性が高く、誰でもポイントが貯まりやすいのが「ビュー・スイカ」です。

ビューカード「ビュー・スイカ」カード
国際ブランド :VISA、JCB、MasterCard
年会費:本人会員477円(税抜)
家族会員477円(税抜)
入会時の利用可能枠:10~80万円
貯まるポイント:JRE POINT

電車やバスなどの移動で毎日使用する「Suica」に、クレカからチャージするだけで1.5%という高いポイント還元が得られます。

また、Suicaは公共交通機関での利用以外に、

コンビニや駅ビルのショッピングなどで支払いに利用できるほか、

スーパー、飲食店などでも利用可能です。

Suicaチャージならポイントが3倍になります

「ビュー・スイカ」がなんといってもおトクなのは還元率の高いこと。

通常のポイント付与率は平均的な0.5%ですが、

Suicaへのチャージに使うと1.5%と、通常の3倍もの高還元率です。

「ビュー・スイカ」カードなら毎日の通勤・移動がグッとおトク!なわけです。

また、Suicaが利用できるのは、公共交通機関だけでなく、コンビニや駅ビルのショッピングなどで支払いに利用できるほか、スーパー、飲食店などでも利用できます。

こういった店舗での支払いにSuicaを利用すれば、実質1.5%割引と言えます。

貯まったJRE POINTは、ショッピングやSuicaのチャージに使えるのでムダがありません。

用途によっては違うビューカードもおすすめ

普段から駅ビルをよく使う人にオススメなのは「JRE CARD」です。

ビューカード JRE CARD
国際ブランド :VISA、JCB、MasterCard
年会費:477円(税抜)
※初年度無料

アトレなど駅ビルなどの優待店では、「ビュー・スイカ」カードよりも高い3.5%という高還元率です。

マイルを貯めている人には、マイルが貯まりやすい「JALカードSuica」がおすすめです。

ビューカード JALカードSuica
(普通カード)
国際ブランド :JCB
年会費:2000円(税抜)
※入会後1年間無料

貯まったJRE POINTをマイルに交換して、JALグループ国内線・国際線の特典航空券に交換できます。

カードの入会はオンラインで可能

「ビュー・スイカ」カードの入会申込みは、ビューカードのサイトから可能。

手続きの前に、本人確認書類とキャッシュカードまたは通帳を手元に用意してください。

本人確認書類は免許証やパスポートなど。

引き落とし口座にネットバンキングを使う場合、キャッシュカードや通帳は不要。

[STEP1]個人情報の入力

ウェブサイトの「カードの入会申込」から進むと、入会申込フォームが出てきます。全部で14項目の個人情報を入力してください。

入力内容
①氏名
②生年月日
③性別
④電話番号
⑤住居
⑥自宅郵便番号~自宅住所
⑦居住年数
⑧PCメールアドレス
⑨携帯メールアドレス(任意)
⑩生計を同一とする方の人数
⑪家族との同居・別居
⑫配偶者
⑬職業
⑭副業(任意)

[STEP2]引き落とし口座の設定

引き落し用銀行口座を指定。

ネットバンキングなら申し込みと同時に登録手続きが完了します。

[STEP3]審査

1週間ほどかかります。

[STEP4]カード到着

無事に審査を通過すると、手元にカードが届きます。。

次は、スマホの登録です。

届いたカードとSuicaをスマホに登録

Apple Payには「ビュー・スイカ」カードに搭載されているSuica機能は紐付けられないため、別途電子マネーのSuicaカードを登録する必要があります。

1.Suicaの登録

A.「Suica」を起動

  1. App Storeにアクセスします。※インストールされていなければ、ダウンロードしてください。
  2. アプリを起動後、右上に表示される「+」ボタンをタップ。
    「カード取り込み」を指定します。

B. 必要情報を入力

  1. 「Wallet」アプリに遷移するので「Suica」を指定。
  2. カード番号の下4ケタと生年月日を入力します。
    登録できるのは、Suica(無記名)、My Suica(大人用記名)、Suica定期券(通勤・大学)の3種類。

C. カードを転送

Suicaにスマホを当てて情報を転送すれば登録完了。

2.クレカの登録


A.「Wallet」の起動

iPhoneに標準で入っているカード管理用のアプリ「Wallet」を起動し、カードを登録するために画面右上の「+」をタップ。

B. クレカを撮影する

画面が移動したら「クレジットカード/プリペイドカード」を選択。
カメラでカードを読み込みます。

C. 入力情報を確認

認識されたカード情報が正確か確認し、セキュリティコードを入力。
SMSでカード認証すれば完了です。

参考:ApplePayでSuicaを使うJREのサイト


スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる