クレカ・ニュース

JR東日本のICカード「スイカ」に仮想通貨でチャージできる国内初のサービス6月から

JR東日本が発行しているICカード「スイカ」に、

仮想通貨でチャージできるサービスが6月から検討されていることが分かった。

JR東日本は大手通信会社やメガバンクなどと共同で、仮想通貨の交換業者「デーカレット」に出資している。

スイカを含む複数の電子マネーに、仮想通貨でチャージできる国内初のサービスを検討しているという。

スイカは延べ7500万枚が発行され、大手コンビニなど58万店で利用が可能だ。

スイカとの連携で仮想通貨が普及していくか注目されている。