クレカ・ニュース

自社のポイントや売上金と連携したクレジットカードの発行を容易にする「Kyash Direct」が誕生

ウォレットアプリ「Kyash」を提供するFintech企業Kyash(東京都港区)は4月25日、Visaカード発行や決済処理などのプラットフォーム「Kyash Direct」を企業向けに提供すると発表した。

各企業は、自社のポイントや売上金と連携したクレジットカードの発行が容易にできるようになる。

メルカリが売上金を決済代金に利用できるメルペイを提供しているが、同じような仕組みを各企業が実現できるようになる。

それがKyash Directだ。

Kyashは一般消費者向けにウォレットアプリとリアルカードを提供しており、この仕組みやノウハウを企業向けに提供する。

・決済のテクノロジーをいろいろな事業者に一気に開放
・APIを提供して、カード発行を容易に
・事業者のポイントや売上金も決済に使えるように
・リアルタイムデビット決済も可能

オンライン決済などに利用できるバーチャルカードのほか、磁気やICチップ、Visaの非接触決済payWaveに対応したリアルカード、またiOSやAndroid端末で利用できるQUICPayも発行できる。