三井住友カードはカードデザインを30年ぶりに刷新=2月3日から=

新・三井住友VISAカード
三井住友VISAカード公式サイトより
目次
スポンサーリンク


カードデザインを30年ぶりに刷新

三井住友カードは、同社が発行するクレジットカードのデザインを30年ぶりに刷新すると発表した。

カード番号とセキュリティ番号を裏面に集約して盗み見を防ぐという。

新カードは「未来を映し出す光と足元を照らす光」をイメージしたデザインを採用。

一般(クラシック)、ゴールド、プラチナそれぞれ2種類のパターンを用意しているが、

パターンを選択できるのは一部のカードのみとなる。

発行は2020年2月3日から。

更新を待たずに新デザインに切り替え可能

更新を待たずに新デザインに切り替えたい人は、

Webサイトまたは電話窓口でデザインの変更を申し込める。

デザイン変更に伴う再発行は無料で行える。

2月3日にデザイン変更を行うカードについては、1月30日午後5時までデザイン変更の予約を受け付けている。

3月2日にデザイン変更を行う予定のカードについても後日、変更予約を受け付ける予定だという。

発行は2020年2月3日から。

ネット経由で申し込むと最短5分でカード番号とセキュリティ番号

3月以降は、インターネット経由で申し込むと最短5分で、カード番号とセキュリティ番号を発行、

すぐにネットショッピングを楽しめるようになる。

Apple PayGoogle Payなどのモバイル決済サービスも使える。

会員向けのスマートフォン・アプリ「三井住友カードアプリ」もアップデートする。

今後、資産管理アプリを開発する「マネーツリー」と共同で機能を拡充し、

他社のクレジットカードや電子マネーなど、

2620種類の決済手段を一元管理できる仕組みを採用するという。


スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる